助成金・給与計算・業績アップサポートなら、浜松市の社会保険労務士法人ローム

助成金・給与計算・業績アップサポートなら、浜松市の社会保険労務士法人ローム
お問い合わせ
トップ > その賃金の決め方は適正なの? 賃金を決めるときのポイント

その賃金の決め方は適正なの? 賃金を決めるときのポイント

2017年03月21日

その賃金の決め方は適正なの? 賃金を決めるときのポイント

この記事をご覧の事業主の方々の中には

「従業員を雇うかどうか」
「雇うとしたら給料はどれくらいに設定するべきか」

といったことで悩まれている方もいることでしょう。
賃金の決め方は、会社によって異なるものです。
そこにはルールがあるのでしょうか?

今回は、従業員の雇用で迷っている経営者の方に向けて、正しい賃金の決め方についてご紹介します。

賃金の概念

まず知っておきたいのが労働基準法における「賃金」の定義です。

「賃金とは、賃金、給料、手当、賞与その他名称の如何(いかん)を問わず、労働の対償として使用者が労働者に支払うすべてのものをいう」(第一章総則 第11条)

以上のように、労働者には必ず働いた分だけお給料が発生することになります。
一般的に月ごとに支払われる月給や1日の労働に対して発生する日給、アルバイトなど時間で換算する時給などがあります。

正社員であれば、家族手当や住宅手当など「月に支払う費用の何割を負担する」といったことが就業規則や賃金規定で決められて、給料の内容に反映されます。

知っておくべき「就業規則」

会社で働いたことがある方の多くが「就業規則」という言葉を見聞きしたことがあるでしょう。
就業規則は、労働者の賃金や労働時間に関する規則や、職場内の規律などが定められたルールブックです。
就業規則があることで、従業員が安心して働くことができ、トラブルを防ぐことにもつながります。
もちろん賃金についても書かれており、就業規則を作る際に、賃金を決める正しいルールが必要になります。

実は、就業規則の決め方次第で、手取額や社会保険料、残業手当の支配額が変わることをご存じですか?

さまざまな法律の組み合わせで、手取額とコストが変わってきます。

例えば、家族手当は、従業員数に応じて支給されていると残業代の単価に含まれません。
住宅手当を支給するべきか、借り上げ社宅として貸与すべきなのか?
その結果、手取額や残業手当の単価に影響がでることをご存じですか?

本当のプロに相談すると、毎月のコストが大きく違います。

賃金額の決め方

給与額は最低賃金法でも定められた額を下回らない限り違法ではありません。つまり、会社独自の算出法を用いても、何を根拠として給与を決めても良いのです。

・最低賃金法
賃金は労働者の生活を支えなくてはなりません。国の景気や会社の状況によって賃金が低くなりすぎるのを防ぐ必要があります。そのためにこの最低賃金法があります。
最低賃金額は各都道府県によって違い、東京では、時給907円と定められています。

たとえ労働者が同意したとしても、これより低い金額での契約は認められません。
このため、もし法律より低い金額で働いてしまっても、法律によってそれは無効となり、会社は最低賃金との差額×働いた時間分の賃金を支払う義務が発生します。

最低賃金には、皆勤手当や通勤手当は算定から外されてしまいます。
・手取りを多くするのが良いのか?
・求人に有利にするのが良いのか?
・出勤率を上げるのが良いのか?

実は、会社がどんな結果を望むのかで、どの手当を選択するのか変わります。

最低賃金額で雇えるのか?

ここで問題になのが「最低賃金で社員を雇う・雇い続けることができるか」ということ。
仮に東京で正社員として1日8時間、月に20日間働いたとします。

907円×8時間×20日=145,120円
となり、月収14万5千円となります。しかし、ここから社会保険や所得税などが引かれて、およそ13万近くになるでしょう。
家賃・生活費などを考慮すると収入が13万円の状況で、東京で生活することは非常に困難です。雇用主がいくら従業員を雇いたいと思っていても人材が見つからない恐れがあります。

以上から、会社は、従業員の生活の安定と、モチベーションを持続できる金額を設定しなければいけません。人材不足の中、賃金水準が高い会社は有利です。

しかし経営上、どうしても、最低賃金額を基準に賃金を支払わざるをえない会社もあります。
その場合には、どんなことに気をつければ良いのでしょう?

いずれにしても、賃金の設定する際には、プロに相談されることをお勧めします。

10人以上雇う時は就業規則を

10人以上雇う時は就業規則を

労働基準法第89条には、常時10人以上の労働者を雇う会社は、就業規則を作成し行政官庁に届け出なければならないと記載されています。
この10人には、パート・アルバイトなども含まれており、これらを含む従業員の代表者の意見書を添付しなければいけません。
このことから就業規則は、事業主が勝手に作成・変更することができず、賃金においても従業員の意見が反映されるようになります。

事業主が従業員を雇う際は、働く地域の最低賃金だけでなく、近隣地域の一般的な生活費、ライバル企業の求人額などを考慮しなければいけません。

従業員がモチベーションを保ち、
安心して働けるかどうか、
会社として長期的に安定して、優秀な人材を確保するためにも安心して働ける賃金と環境を用意する必要があるのです。


専門家による無料相談実施中
Copyright © 社会保険労務士法人ローム All Rights Reserved.
ページTOP