社会保険労務士法人 ロームのお悩み相談コラム

2018.07.23

最も貴重な資産とは

今から27年前の7月。
私は床が抜け落ちた自宅の1室で社会保険労務士として独立しました。

まだ元気だった父と二人で床板を外し、根太(ネダ、床板をはる木)を入れ、フローリングをはりなおしました。
自分でクロスもはりました。看板も手書きです。

とにかくお金がなかったので、できる限りのことは自分でやりました。

今思うと、融資を受けていち早く本業に集中すれば良かったです(笑)
しかし、当時は、マネジメントゲームで学んだ知恵もノウハウもありませんでした。

先輩のアドバイス


新人の私にいち早く社会保険労務士として成功した先輩が
『事務所通信を出すといい』と教えてくれました。

先輩:事務所通信を発行したほうがいいよ!そういうサービスがあるんだ。
私:そうなんですね。
先輩:名刺交換した人に送り続けると信用してくれるよ。
私:なるほど…
先輩:事務所名も入れて発行してくれるから、お得な買い物だよ。
私:ありがとうございます!

これはいい話を聴いた。

早速、事務所通信を発行してお客様に情報発信しよう♪と行動に移しかけたところで、
「でもお金がないしなぁ~買うのは勿体ないよなぁ~」とすぐに思ってしまいました。

労務ニュースの誕生


独立して仕事がありません。時間だけはたくさんあります。
だから自分で「事務所通信」を書くことにしました。

でも文章を書くのが苦手でした。

その頃の社会保険労務士事務所の名称は「◯◯社会保険労務士事務所」「◯◯労務管理事務所」など、「労務」という言葉を使うのが一般的でした。
そこで事務所通信の名前を「労務ニュース」としました。

しかし、問題があります。
たったA4一枚、行数にして30行程の文章を書く自信がないのです。
毎月発行できるか不安なのです。

そこで同じ時期に開業した社会保険労務士3人を誘って、
4人で共同の事務所通信を発行することにしました。
でもみんな文章を書くのが苦手でした。

しかし、そのうち一人の社会保険労務士が
「忙しい社長さまにとって、短いほうが喜ばれるのではないか。」と思いつきました。
そこで私たちの労務ニュースは、30秒で読める!がコンセプトになりました。

たった30行が書けない


新人の私たちには30行の情報提供が書けません。
恥ずかしながらあまりノウハウがないのです。

社会保険労務士は実務経験がなくてもなれるし、お客様がいないと経験とノウハウが集まりません。

私が発案者のため、仲間の原稿を集めるのは私の仕事でした。
まるで小説の原稿を待つ編集者の気分です。

私も30行の文章を書くのに2、3日使っていました。
とにかく時間が掛かっていました。

今では30分で終わる仕事です。

しかし、当時は、調子が悪いと20時間近くかけて30行を書いていました。

請求書と一緒に「労務ニュース」を同封するのですが、
ニュースが書けていないから請求書を送れないなんて、バカなことが起こっていました。

ビジネスは投資


時間 time money 時は金なり ビジネスは投資です。
時間とお金を何に投資することによって、最大のリターンを得ることができるのか?
それを考えることが経営のコツです。

大切なのは何に投資するかです。
そして実は最も貴重な資産は時間です。

あなたは、自分自身の何に時間を投資すると最大のリターンが返ってくると思いますか。
90分間無料相談

一覧ページに戻る

全国からお問い合わせ受付しております!

お急ぎの場合には、お電話にてご連絡ください。
「ホームページを見て電話しました」とお伝え頂くと助かります。
もし、お悩みのことがあるならスグにお電話ください。トラブルや問題解決は早い程、効果的です。

  • 053-444-4604 受付時間:9:00〜18:0:0(土日祝除く)
  • 90分間無料相談
90分間無料相談受付中