今日は何の日?

西暦年が4で割り切れる年の 翌年の1月20日は 何の日でしょうか? 【答えは最後に】 ヒントは、『4で割る』です。

倒産件数、90年以来の低水準!

ニュースを見ていると… 倒産件数が90年以来の低水準! 「エ~ッ」 なんか、違うんです。 東京商工リサーチによると、 2016年の倒産件数は8446件 (負債1千万以上)、 前年より4.1%減。 う~ん??? そうか、倒産だけか!! 廃業件数は含まないのか。 お知り合い、取引先等で 最近、廃業される方増えていませんか?

廃業の件数は? 

中小企業白書を見ると…      小規模 中規模   計 ・2009年  366  54  420万社 ・2014年  325  56  381万社 実は、5年で中小企業数は、   420万社    ↓     381万社 39万社、9.2%も減少しています。 小規模な会社だけでみると、 なんと41万社、 11%も減っています。 廃業が多く、 厳しい実態がうかがえます。 厳しい環境の中、 事業を継続されていること。 それ自体が 働く人たちの雇用を守ります。 立派な社会貢献だと思います。

中小企業白書を読むと~

中小企業の経常利益は 過去最高!!! 「エ~ッ」 これも、実感と違います。 しかし、その数字を詳しくみると 売上の減少以上に、 ・変動費(材料、エネルギー) ・固定費(人件費) が大きく減少し、 結果、経常利益がプラスになり、 過去最高になっていました。 つまり、 中小企業1社、1社の コストダウンが積み重なって 過去最高益になっていました。 しかし、コストダウンの影響で…

設備の老朽化が進む

設備投資が減り、  設備の老朽が進んでいました。     1993年 → 2014年 中小企業 100  → 175 大企業  100  → 143        【設備年齢】 これにも、 ちょっとビックリしました。 それは、ものづくり補助金などで、 機械、装置を買ったお客様の話を 良く聴くからです。 しかし、中小企業の平均を見ると 着実に、老朽化が進んでいます。 投資を抑えた結果、生産性が下がって いるのでは、と心配しています。

厳しい環境でも

例え、 中小企業でも 大企業に負けずに、 いやそれ以上に大きな利益を あげている会社があります。 そんな 大企業の平均以上に儲けている 中小企業は、 どれ位の割合だと思いますか?

来週も~

中小企業白書から、 稼いでいる企業のヒ・ミ・ツを 見てみましょう。 続きは、来週、お楽しみに!

答えは?

  西暦年が4で割り切れる年の 翌年の1月20日は アメリカ合衆国で大統領の就任式。 今日、トランプ氏が大統領に 就任します。 アメリカの不動産王。 驚くほど高い家賃の トランプタワーが有名ですね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です