生産性アップのカギは…

季節の変わり目です。 ぐずつく天気が続いていますが… 皆様、 お変わりありませんか?

「社労士」の仕事…? 

  突然ですが… 人口が減ります。 結果、労働力人口が減ります。 そんな状況の中で… あなたは、 どうやって、 人手を確保していけば良いのでしょうか? 私は、「社労士」です。 今、一番の課題は、 人手不足の中で、 会社を維持・成長させるために お役に立つ提案をすること だと思っています。

「残業」ができなくなる! 

  人口が急激に減ることの対策である 「働き方改革」は、 かなり過激な法案です。 ハッキリ言って「劇薬」です。 中小企業は、 かなり厳しい状況になります。 人手不足の中で、 つまり、 少ない人数で、 「残業」を減らしながら、 「人件費」を上げることが 求められます。 「生産性」を 大幅にアップしないと やっていけない時代に突入します。 大企業は、それを見こして 省力化投資を急いでいます。 だから、「省力化機械」は絶好調。 納期が延びています。

政府の最重要課題=「生産性アップ」

   私たちが得意な助成金でも 生産性をアップすると 助成額が大幅に増えます。 政府は、 生産性アップの「旗」を 思い切り振って、 企業を後押ししています。

「生産性アップ」のカギは? 

  生産性アップのカギは、 「価格」を上げることです。 「値入」が課題になります。 そうは言っても、 競争があるから… ライバルがいるから… 本当に厳しい状態です。 競争が厳しい中、 価格を上げることは 簡単なことではありません。 でも、 値上げにも、 「ノウハウ」があります。 つまり、 「手順、ポイント、考え方」です。

みずから、実践しています 

  私たちも、 今年の1月から 従来より約30%高い報酬で 新規のお客様には ご契約させて頂いております。 お客様に 高く買って頂ける状況を アドバイスする以上、 自分たちがまず実践することが 大切だと思ったからです。 とはいえ… もともと かなり安い報酬だったので 偉そうなことは言えませんが… でも、 とりあえず、 みずから、実践しています。

その結果は… 

  本当にありがたいことですが、 新規のお客様には、 喜んでご契約を頂いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です