注目の『勤務間インターバル』助成金!

新年度がスタートして、早一週間。 まだ慌ただしい日が続いているかと思いますが いかがお過ごしですか? 今日は、 人手不足を解消したり、 残業時間を減らして 労働条件の良い会社を作りたい方に 向けたお話です。 就業規則の見直しや 社労士のコンサルを 受けたい方に 最適な助成金ができました。

勤務間インターバルは11時間 

今日は午前7時に 出社しました。 昨日は、午後8時(20時) に帰ったので… 勤務間インターバルは、 (7時+24時)-20時=11時 11時間です。

勤務間インターバルとは 

  勤務間インターバルとは, 労働の終了から 次の労働開始までの「休息期間」 のことです。

たとえば

  始業終業の時刻  8:00~17:00 勤務間インターバル   11時間 深夜0時まで勤務した場合、 始業8時 → 0時+11時間で 11時に出社すれば良い とする制度です。 新しい助成金 【中小企業のみ】 従業員の半数超を対象に、 休息時間数 9時間以上の 勤務間インターバルを新たに導入すると その費用の3/4が助成される 制度ができました。  ・ 人事担当に対する研修の実施  ・ 従業員に対する研修・周知・啓発  ・ 労務管理用ソフトウェアの導入  ・ 社労士等のコンサルティング 【新規導入の助成金の上限】 インターバル 11時間以上 50万円 インターバル  9時間以上 40万円

人手不足、残業を解決したい社長様へ 

未払い残業、 残業時間の削減、 労務リスクを減らして 良い会社をつくりたい 社長様! 労務士の知恵とノウハウを お得に導入するチャンスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です