新年会でのケガは労災?

1月は新年会の季節ですね。 そんな中、 「新年会でのケガは労災か」と 質問を頂きました。 労災には、 『業務災害』と 『通勤災害』 があります。

業務災害になるには?

   『業務災害』として認められるには、 ・ケガをしたのが仕事中であるか? ・ケガの原因と仕事に因果関係があるか? の2点が問われます。

通勤災害になるには?

   『通勤災害』の”通勤”の場合の定義は、 労働者が就業に際し、 住居等と就業場所との間を 合理的な経路及び方法により移動すること とされています。 つまり、”通勤”する上でのケガが通勤災害です。

ポイントは、業務かどうか? 

  業務災害にしても、通勤災害にしても、 「新年会が会社の仕事だったか」が基準です。 過去の判例を見ると 新年会が会社主催でも、仕事と認められるには かなり高い条件があります。  ・参加は業務命令で強制  ・行事の目的、業務関連性  ・行われる時間帯と所要時間  ・残業代等が支払われていること  ・参加費は、全額会社負担

更に…ケガの原因も~ 

仮に、新年会が仕事だと認められても、 次のハードルがあります。 それは、ケガの原因と仕事との関係が あったかです。 「酔って転んで頭をケガした」では、 飲み過ぎが原因で、仕事が原因ではないので 労災にはなりません。

よりよい職場を作るには~

  新年会や忘年会で、労災と認められるには ハードルが高いです。 私は、お酒を飲んで、真面目に仕事や 日本の未来について、話すのが大好きです。 お酒を飲んだ方が、楽しく真面目な 話ができます。 そういう意味では、新年会も 立派な仕事だと思います。 楽しいお酒は、人生を”ゆたか”にします。 楽しく飲みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です