従業員を「仲間」に!「同志」に! 

早速ですが、 皆様、 『子ども・子育て拠出金』について 詳しくご存知ですか?

子ども・子育て拠出金率 UP

平成30年4月より 子ども・子育て拠出金率が 1,000分の 2.3 (0.23%)            ↓ 1,000分の 2.9 (0.29%) に改定されました。

「子ども・子育て拠出金」とは?

「子ども・子育て拠出金」は、 子育て支援のために充てられる費用です。 この拠出金は、 会社が、 従業員の厚生年金を 納めるときに、 一緒に引き落とされます。

従業員負担は「ゼロ」

従業員負担は、ゼロです。 従業員を雇っている 会社だけが、負担して 納付することになっています。 また、 役員や従業員に、 「子ども」がいるかどうかも 全く関係ありません。

「保険料」と「保険給付」が連動しない…

健康保険の場合は 健康保険料と傷病手当金の額が 連動していたり、 厚生年金保険は、 厚生年金保険料に応じて、 年金額が変わります。 つまり、 保険料と 保険料を払うことによって 受けられるメリット=「保険給付」 の関係性があります。 しかし、 この「拠出金」は、 保険給付と関係がありません。

実態は…?

子ども・子育て拠出金は、 社会保険料と一緒に 年金事務所が徴収しています。 もちろん、 れっきとした社会保険料ですが、 その実態は、「税金」です。 給付と関係のない、 徴収されるだけの「税金」です。

従業員に、社会保険について説明しよう! 

  皆様もご存知の通り、 会社はかなりの社会保険料を負担しています。 もちろん、 納付は「義務」です。 でも… 従業員は、 会社が社会保険料を 「負担」していることを忘れています。

従業員を「仲間」に!「同志」に! 

  共通の敵がいると、 チームは、まとまります。 社会を「敵」にすると… 会社がまとまるかも… しれません。 これから始まるであろう 人口減少、 高齢者増加による 社会保険料、消費税のアップ… それに対抗しよう! 前向きに対応しよう! 敵は、人口減少だ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です