企業における時代に合わせた情報共有

今日から9月ですね。 秋の果物といえば、梨! やはり季節の果物は美味しいですね。 あなたは もう召し上がりましたか? それでは、昨日の復習からです。

私のマネジメントの教科書

アンディ・グローブの 『ハイアウトプット・マネジメント』です。 アンディ率いるインテルは、 日本の半導体企業と激烈な 競争をしていました。 当時の日本は、 「ジャパン・アズ・ナンバーワン」! つまり「世界一」と評された時代です。 絶好調♪ その中に、 日本の強みを分析している箇所があります。

一つの大きなテーブルを囲んで

それは、 日本のオフィスが アメリカの様に個人ごとに仕切られておらず、 事務机で繋がっていることです。 ロームの事務所もそうです。 「ひとつの大きなテーブルを囲んで  座っているようなものだ。」 情報交換の必要があるとき、 自分の協同者は 全員いわば同じテーブルにいるので、 座ったまま話ができる。      ↓ 情報は数分で共有できる。 ナルホド! 確かに、 面と向かった情報共有には最適です。

しかし、ネット社会で

今では メールとインターネットで 海外とも簡単に情報が共有できるように なりました。 しかし、日本では、 テーブルを囲んで 情報共有が簡単にできていたので、 対応が遅れました。 自分を振り返ってみると… ガ~ン、今もそうだ…。 顔を合わせたコミュニケーションは 得意だが、 離れた場所での情報の共有が苦手だ…。 あなたは、いかがですか? 日本の強みを活かして、 弱みを克服していますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です