上手な利用方法を伝えよう!

今日は、「価値」を伝えることの 大切さについて、お話します。 皆様は、 大行列で有名なクリスピードーナツを 食べた事がありますか? 美味しかったですか? 1月3日にクリスピードーナツの1号店が 閉店しました。 10年前、 開店のニュースを見て ワザワザ新宿で並んで買った思い出の店です。

え~違う!

寒さに震えながら待つこと1時間、 店内に入るちょっと手前で 試食のドーナツをもらいました。 手にすると、温かい。 触ると、ふわふわで柔らかい。 口に入れると、すぐに溶けてしまう。 買って帰れば家族も喜ぶと、 意気揚々で帰宅し、 当時可愛かった子供に食べさせると… 「パパ、美味しい」の声がでません。 「おかしいなぁ」と思って食べると、 ただ甘いだけで、あのフワフワ感や、 消えてなくなる口溶けはありません。 出来たてのときだけ! 騙された!と思い、箱を良く見ると…

「8秒チン」で出来たてに!

『電子レンジで温めると 美味しく召し上がれます。』 「8秒チン」してみると、熱々フワフワに! 行列で食べたドーナツがよみがえりました。

しかし、店頭では?

8秒チンすると「絶品!」と解ってから、 失望→感動に気持ちが一気に変化し、 クリスピードーナツのファンになりました。 クリスピードーナツも、ますます有名になり 全国に出店、豊田町のララポートにも開店 しました。 店を見つけると、良く買います。 しかし、店頭のスタッフから「8秒チン」を 教えてもらった記憶はありません。 しかも、店内飲食の際も「温めますか?」 の声がありません。 店内に電子レンジが設置されていても…

「8秒チン」を知っている人の割合は?

ネットで検索したところ、 約半分が「8秒チン」を知らなかったそうです。 おそらく、 買った半分以上の客が「8秒チン」もぜずに、 店内でも、温めてもらえず 食べたのではないでしょうか? そして、「甘いだけじゃん」とか 「2度と行かない」と判断したのではないで しょうか? テイクアウトの客に「8秒チン」を伝え、 店内で「温めますか」を聴くことを 徹底していたら、 ガッカリした客をグッと減らし、 リピーターを獲得できていたのでは と残念に思います。

自分を振り返ってみると~

クリスピードーナツの「8秒チン」ほど 劇的な違いではないにしても… 自分たちのビジネスで、 お客様に伝えていない商品の使用方法、 サービスのメリット 他の特典など 自分たちの「8秒チン」を伝えているか 心配しています。 助成金の利用率も約50%、 社会保険料削減や 就業規則も、 セミナーの参加率もまだまだ低い~ 私も、案内不足だと反省しています。 お客様に ・商品の使い方 ・商品の種類 ・商品のメリット ・商品を使って得られるベネフィット ・使い方のコツ を伝えることは重要です。 皆様の仕事では 伝えると効果的な価値=「8秒チン」 は何ですか? ・ ・ ・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です