採用・育成・定着のノウハウ

二人の社長

今から10年前、リーマンショックのころ、二人の若者が親から事業を引き継ぎ、社長になりました。

二人とも歳が近く、人柄も良く、能力・知識も同じくらい、
引き継いだ会社規模も同じくらいで、従業員は同じく5名でした。
彼らはよく似ていて、引き継いだ会社を良くすること、
つまり、「お客様のお役に立つ会社をつくること」を強く望んでいました。

10年後の同窓会で

二人は、高校の同窓会で再会しました。

共に10歳、年をとりましたが、相変わらず二人は似ていました。
しかし、二人には大きな「違い」が生まれていました。

売上げで2倍、利益で4倍の差が開いていたのです。

どうして、大きな差が生まれたのか?

何が、二人に「違い」を生ませたのでしょうか?

会社の経営で何がこのような違いを生むのか、あなたは考えたことがありますか?

それは生まれ持った『才能の違い』でも、『運の違い』でもありません。
一方がチャンスに恵まれて、 一方が恵まれなかったからでもありません。

「違い」は?

それはこれから人口が減る中で、従業員を採用、定着、育成できるかどうか
成功の別れ目だと知っていたかどうかです。

A社の社長は、お客様からも従業員からも選ばれる魅力的な会社にしようと、
従業員を巻き込み、労働条件を少しずつ良くしていきました。

一方B社の社長は、先代ゆずりの職人気質で、良い商品、良いサービスを提供しようと、
一生懸命働いていました。
しかし、従業員の採用、定着、育成には、あまり関心を持ちませんでした。

社長や、お客様から「ありがとう」と言われると…

A社の従業員は、自分たちの労働条件を良くするために
「お客様に喜んでもらおう」と意識が変わり始めました。
すると、少しずつ働き方が変わります。
結果、労働条件も毎年ちょっとずつ良くなります。

そして、社長やお客様から「ありがとう」と感謝されるようになって、
A社の従業員は働くのが楽しくなってきます

B社の社長が、叱ったのをキッカケに…

一方B社の社長は、お客様の役に立つため、
良い商品、良いサービスを提供しようと腕に磨きをかけ、一生懸命仕事をしています。

しかし、うまく従業員を育てることができません。
B社長は、 毎日遅くまで働きます。

そんなある日、ミスをしてしまった従業員Cさんを厳しく叱ってしまいます。

Cさんが愚痴を言った相手は

Cさんが愚痴を言った相手は、A社で働いている友達のDさんです。

Cさん:今日、ミスしたら社長に厳しく言われちゃったよ。
Dさん:そうなんだ。俺の会社は最近少し変わってきたんだ。残業が少し減って、給料もちょっと良くなったぜ!
Cさん:へぇ~なんか良いなぁ!
Dさん:良かったら、うちに(A社)に来ない?

Cさんが、A社に転職すると…

Cさんを、A社が採用すると

A社の従業員は、5人→6人
B社の従業員は、5人→4人

B社は、ますます人手不足になっていきます。
すると忙しくてサービスが低下したり、残業が増えていきます。
当然、B社の社長も大変です。土日に一人で頑張ります。

その中でストレスが溜まって、また厳しく叱ってしまうと、次の退職者が…

社員が増えた会社はどうなる?

一方、従業員が増えたA社はお客様を獲得する余裕が生まれます!
そして、さらにもう一人が転職してくると…

A社の従業員は、6人→7人
B社の従業員は、4人→3人

こうして、売上げ格差が2倍、利益は4倍の差になったのです。

何が違うのか?

人口が減少しています。当然、働き手も減ります。
こんな状況の中で、会社を経営していくことは、大変です。

でも、ピンチってその「対処法」を知っている人にとっては、大きな「チャンス」でもあるんです。
そう思いませんか?

ピンチをチャンスに変えるには?

採用、定着、育成のポイントをしっかり掴んで会社を経営することです。
人口減少時代を勝ち残るには効果的なノウハウを学び、進んで取り入れることが大切です。

もし、あなたがプロのノウハウを使って、会社を強く、大きく、着実に成⻑させたいのなら…

是非、ロームのノウハウを知って頂きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です