他社との「差別化」のヒント!?

13時40分。 ここはロームの駐車場。 今から東京に向かう。 太陽がちょっとまぶしい。 グ〜お腹が空いた。 仕事が片付かず、 新幹線で駅弁を食べようと 昼食を後にした。 新幹線の出発時刻は14時11分。 タクシーが来ないか? 左を見たり、右を見たりする。 iPhoneを見る。 5分が過ぎた。 13時45分だ。 お弁当を買う時間は無いな~

タクシーが来た

運転手:お待たせしました。 私  :浜松駅までお願いします。 運転手:新幹線ですね。東京ですか? 私  :ハイ、そうです。 運転手:大丈夫ですよ。余裕ですから… 走ること2分 運転手 :じゃあ、ちょっと急ぎますね。 私 :ハイ。 すると、 スルスルっと左にハンドルを切る。 ちょっと細い道を進む! 初めての道だ。 私  :あれ、「止まれ」が無い。 運転手:ハイ。 実は、     この道、「止まれ」も     信号機もほとんどないんですよ。 私  :すごいですね。     さすがタクシー運転手ですね。 運転手:ありがとうございます。 私  :でもこの道、初めてです。     タクシーで通ったの。 運転手:そうですか。     タクシー運転手でも、     全員が知ってるって訳じゃ     ないですね。 私  :さすがですね。 運転手:『浜松駅』って言われると、     お急ぎのお客様も多いですから。

プロの中のプロ

プロの中のプロ。 自然の会話で、 『浜松駅』と言っただけで、 『お急ぎですか』と聞かれたことが 嬉しかったです。 それに伴い、普段通らない道、 しかも、「止まれ」もない道を 慎重に進む。 おかげで、お弁当を買う時間を しっかり取れて良かったです。 運転手の腕の違いは、 簡単にはわかりません。 でも、「違い」はありますね。 その「違い」が、 誰にでも見える様になると面白い。 京都で有名になったMKタクシーも 「違い」を見える化して成功しました。 わたし、ロームも 「違い」を見える化したい と思っています。 何か、「違い」に繋がる様な ヒントを頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です