『マネジメントゲーム』の原点

ハナショウブが見ごろとなりました。 奥ゆかしい雰囲気が、 気持ちを和ませてくれますね。 今日は、 マネジメントゲームの 原点についてお話します。

西 順一郎

マネジメントゲームの開発者で、 今も元気に指導されています。 ・ソニー創業者の井深大、  本田宗一郎、ドラッカーの思想と  一倉定、城野宏の発想も取り入れ、  マネジメントゲームを開発。 ・ 戦略MQ会計の開発者でもある。 ITS 戦略MQ会計・マトリックス会計(http://www.its-mx.co.jp/mxkaikei/a1.php)

一倉 定

・社長だけを指導した  伝説のコンサルタント(3000社超) 『社長の仕事は、「決定」にある。 経済的リスクをともなう決定は社長に しかできない。』 ●経営とは 変化するお客様の要望と ライバルに応じて経営戦略を 決定すること。 ●事業経営の成否は99%社長で決まる ! 『いい会社とか悪い会社とかはない。 あるのは、いい社長と悪い社長である。』 『電信柱が高いのも、 郵便ポストが赤いのも社長の責任である。』 ●商品構成をABC分析による  粗利総額の最大化を指導した。

城野 宏

戦後史の隠された一面。 日本敗戦後に、 三国志  ・中国共産党軍  ・蒋介石の国民党軍  ・山西省軍 (城野宏の軍団) を再現できれば戦えると 中国人名で中国に残留した。 チェコスロバキアより広い山西省で 旧日本軍と現地中国人で独立軍を作った。 毛沢東が率いる 中国人民解放軍と4年間も戦った。 なお、敗戦後に戦争を始めたので、 日本政府は大迷惑。 Wikipedia 城野宏(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9F%8E%E9%87%8E%E5%AE%8F) Wikipedia 中国山西省日本軍残留問題(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E5%B1%B1%E8%A5%BF%E7%9C%81%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%BB%8D%E6%AE%8B%E7%95%99%E5%95%8F%E9%A1%8C) ●中国で18年の禁固刑後に釈放され、  帰国後数年で多数の企業を設立、高額所得者に。    東大出身で野村證券の第1号社員 ●軍事用語であった 「戦略」と「戦術」を区別し、 経営などで使うことを 日本で初めて経営に応用した人物。  ●トヨタ自動車など大企業を指導  脳力開発ブームを起こす。

マネジメントゲームとは

マネジメントゲームは、 市場のお客様とライバルの動向に応じて 戦略を瞬時に決定するゲーム。   西先生は、城野宏の戦略思想 から大きな影響を受けたそうです。

ロームMG マネジメントゲームのご案内

【日  時】9月11日(月) 9:00~17:30       9月12日(火) 9:00~17:00 【講  師】三浦宏樹 (ニッチ市場を創り、  独占販売する天才肌のマーケター) 【会  場】ロームセミナールーム       浜松市南区三島町1605-1 【会  費】20,000円(顧問先)       25,000円 【定  員】 9/24名 【申込方法】添付ファイルをFAXで 毎回満席の人気のセミナー! 申込書を印刷して、 FAXにてお申し込み下さい。 マネジメントゲーム201709申込書はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です