インフルエンザで就業禁止?!

インフルエンザに関する質問が増えています。 ロームでも、まだまだスタッフや家族が 次々と… 前に記載したものを加筆・修正して 送らせて頂きます。

従業員がインフルエンザに罹ったとき

医師の指導に従って、 「●●さんの健康が一番。休暇をとって、 しっかり身体を休めて、自宅で療養して下さい。」 と指導するのが基本です。 しかし、 従業員が、 「仕事が終わらないので働きたい」 と主張したときはどうすれば良いでしょうか?

新型インフルエンザのときも…

医師から、 「本人の病勢や他の労働者への影響を考慮し、自宅 療養等をする必要がある」と指導されている場合に 限り、就業禁止を命じることができました。 つまり、 2009年に流行した 新型インフルエンザの場合でさえ、 重篤な症状でなければ、 就業禁止にできませんでした。

季節的なインフルエンザの場合

強制的に休ませた場合には、平均賃金の60%の 休業手当の支払いが必要になります。

安全配慮義務が…

会社が従業員の安全に配慮する義務を 負っている様に、 従業員も自分の健康の保持と増進に努めたり、 健康診断を受診する義務があります。 仕事が大変なことを理解しつつ、 周りの仲間とその家族の健康への配慮を 伝える必要があります。 同時に、 健康の保持と増進の義務をキチンと指導するのが 良いと思います。

まずは、納得させること!

『●●さん大変だね。  でも、  一緒に働く仲間へインフルエンザをうつしたら、  どうするの?  □□さんは小さなお子さんがいるけど、  どう思う?    ●●さんが、安心して、休めるように  みんなでキチンとフォローするから、  まずは病気を治すことに専念して下さい。』

仕事の見える化とマニュアル化!

これから少子高齢化がさらに進みます。 育児と介護をしながら働くのが 当たり前の社会が目前です。 仕事の見える化、マニュアル化が ますます重要になります。 もし、●●さんの仕事が、把握できない状態 になっていたら、 病気が治ってから、見える化を進める指導を しましょう。 元気になったときが、チャンスです。 皆様、 まだまだ寒さが残ります。 どうぞ、お大事にお過ごしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です