イマドキの働きがいとは…

夕方、窓の外を眺めると、空がまだ明るくて、 日が長くなったと感じました。 春も近いですね。 さて、今日は『働き方改革』のお話しです。

労働時間が短縮されても…

たとえ、 「労働時間」が短縮されたとしても、 各人が「やりがい」を感じて業務に 集中するなら、 それだけでも、 いわゆる「生産性」が向上して、 成果を高める可能性があります。  

働き方改革で…やりがい 

   逆に「働き方改革」意識が広がる中で 「脱仕事」への意識が強まると、 「やりがい」を感じさせない業務は… 担い手さえも失う結果に 陥りかねないのです。

「やりがい」とは? 

  しかし「やりがい」とは、 いったい「どのようなもの」 なのでしょう? そして、 それは以前と今で、 異なって来ているのでしょうか?

イマドキの「働きがい」とは? 

   そこで、「イマドキの働きがい」の形成 について、改めて取り組んだ経営者事例を、 マネジメント・レポートとしてご用意致し ました。

人事労務でお役に立ちたい!

   こんな視点で、添付のレポートを ご用意しました。 お読みいただければ嬉しいです♪ このレポートの視点に留まらず、 私たちロームは ・人事・労務で会社を元気! ・従業員からも、  お客様からも選ばれる  魅力的な会社をつくる! そんなお手伝いができれば… と願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です