『障害者法定雇用率引上げに!』8月号ニュースレター

今日から、 社労士の杉本雄二とスタッフ6名が ローム静岡として参加します。 今後とも、よろしくお願いします。 それでは、 8月号のニュースレターをお送りします。

障害者の法定雇用率

平成30年4月から 障害者法定雇用率が 2.2%に引上げられます。 とても大切なことですが、 100名以上の会社にとっては、 負担が大きい改定です。

障害者雇用を進めるため

障害者を雇用しやすくするために、 職場をバリアフリーにしたり、 作業施設の改善・整備が必要です。 また、 障害者を雇用する上で、 相談できる窓口やサポーターを 手配するなど特別な配慮が必要です。 当然、そのためにコストが掛かります。 積極的に障害者を雇用する会社だけが、 そのコストを負担するのは 不公平ではないか? そのような考えから、 そのコストを公平に負担しようというのが 障害者雇用納付金制度です。

障害者雇用納付金制度

平成27年4月から 常時雇用している労働者数が 100人を超える全ての会社で 障害者雇用納付金の申告が 必要となっています。 納付金は 不足する障害者一人につき月額40,000円 (※32年3月末まで) 例 2名不足40,000円×12ヶ月=960,000円 障害者の雇用が進んでいない会社には 大きな負担となります。

対策には時間が

障害者雇用を進めるには それ相当の時間が掛かります。 障害者雇用推進をサポートする ビジネスも生まれた位です。

8月号の主なコンテンツ 

【1】 障害者雇用率 H30年4月 2.2%へ 【2】 定年後再雇用された人の無期転換? 【3】 職場環境の整備を! 【4】 仕事と育児を支援する助成金 【5】 全業種で売上げ増!1600兆円を超える! 【6】 隣の会社のテレワーク状況 [2017年8月号]8月号ロームニュースはこちらをクリック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です