「仕事」を面白くする方法とは

蝉の鳴き声が聞こえ始め、 本格的な夏の到来を感じています。 今日は、アメリカの心理学者の F.ハーズバーグの動機づけ要因の 「仕事そのもの」について 考えてみましょう。

やる気を引き出す要因→動機付け要因

【1位】 仕事の達成感 【2位】 周囲からの承認 【3位】 仕事そのもの 【4位】 責任と権限 【5位】 昇進 【6位】 成長

事務が苦手な社労士

私は、事務の仕事が苦手です。 うっかり者の私は、 労務士の仕事は事務がメインだと 知らずに開業しました。 今も、事務が苦手です。 だから、事務をするにも 早く無駄なくやりたいと思いました。 事務処理のやり方も なかなか覚えないので、 マニュアルにしました。

苦手だったからこそ

事務が嫌いだから、 単に事務をするだけでなく、 どうすれば得なのかを 考えるようになりました。 それが楽しみになりました♪ 苦手だからこそ、 新しい発見や楽しみを 見つけてきました。 結果、 お客様にとって得する事務を考え、 実践できるようになりました。

仕事は面白くなる

仕事は、「考え方」や「やり方」で 面白くなります。 どうして「仕事」がつまらないのか チョット考えてみましょう。 ・ ・ そして、 そのつまらない点を面白くするには どうすれば面白くなるか 考えてみましょう。 ・ ・ ・ スグに思いつかなくても どうしたら楽しくなるかを考えるだけ… どうですか? ほんの少し楽しくなりませんか?

次に、良い点をみつける

人間は、良い点を見つけるのが苦手です。 だからこそ、 当たり前のことも一度考えてみると 面白いです。 仕事の ・良い点 ・魅力 ・面白い点 を挙げてみましょう。 思い出してみましょう。 ・ ・ ・ あなたは、 いくつ挙げることができましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です