社会保険労務士法人 お役立ち資料ダウンロード

お役立ち資料ダウンロード

【2020年10月】マネジメントリポート

 担当制の壁を突破して、組織の緊急対応力を強化する 

仕事は”1人1担当”が普通です。

ところがその体制が、昨今の“事業環境の激変”の中で、『忙しい人とそうでない人の差を 更に拡大している』と指摘されることがあります。

担当業務が決まってしまうと、“別の仕事”には関与しないケースの方が多いでしょう。

だから、
担当制の壁を越える発想を持たない限り、いわゆる“繁閑”の差は埋められないかも知れません。

ところが、
この指摘には、繁閑への対応策のみならず、それ以上の“抜本的”な視点が含まれています。

気になる方は、レポートをご覧ください!

【1】必然的に出てしまう担当者の働きの“量格差”
【2】担当制の“壁”が事業利益にも影響を及ぼす?
【3】複数の“業務”をこなせる人材が破る担当の壁
【4】今までにない“方向性”が求められる事業環境
【5】まずは“緊急対応”として従来の壁を突破する 

一覧ページに戻る

一覧ページに戻る

全国からお問い合わせ受付しております!

お急ぎの場合には、お電話にてご連絡ください。
「ホームページを見て電話しました」とお伝え頂くと助かります。
もし、お悩みのことがあるならスグにお電話ください。トラブルや問題解決は早い程、効果的です。

  • 0120-606-241 受付時間:9:00〜18:00(土日祝除く)

    個人の方からの相談は受け付けておりません

  • 90分間無料相談
業務拡大につき積極採用中! 90分間無料相談受付中