「日本」のフトコロ具合をご存知ですか?

突然ですが、 あなたは「日本」のフトコロ具合は、 どんな感じだと思いますか? わたしたちの生活実感と 大きくかけ離れますが… 実は、日本全体で見ると お金が有り余っています。

家計の金融資産は?

日本の家計全体で持っている 金融資産は1752兆円です。 住宅ローンなどの負債が317兆円あります。 純資産1363兆円=1752兆円-317兆円

会社の金融資産…

銀行などを除く 会社の 金融資産も884兆円です。

資産とは余ったお金を貸している??

私は、お金が余っている人が、 その余ったお金=資産を お金が必要な人に貸している と思っていました。 つまり、全員の資産と負債を 合計するとプラスになると 思っていました。 しかし・・・

誰かの資産は誰かの負債に!

例えば、 私が銀行に10万円を預けると、 銀行は私から10万円を借りたことに なります。 私の資産   銀行の負債(借金) 10万円 = 10万円 私が、銀行から100万円を借りると 私の負債   銀行の資産 100万円 = 100万円 つまり、 誰かの資産は、誰かの負債となります。

日本の金融資産は??

あなたは、 国民の資産は、誰の負債だと思いますか? そのほとんどが、 日本政府の負債(借金)なのです。

「国の借金」は??

国債と借入金、政府短期証券を合計した 9月末時点での額が1062兆5745億円。 国民1人当たり約837万円の借金に なっています。 日本全体では、 国民が老後が心配で節約、 会社も投資を控えるので、 結果、お金が残ります。 そうすると、 消費・投資が増えずに売上げが増えません。 消費が増えないので 国が補助金、助成金、節税、 株の買い支えで、テコ入れします。 結果、日本の負債が増えていきます。 日本政府が、一番の借り手です。 だから、 金利をマイナスにしているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です