時代の変化とともに生き延びるために

桜の開花や生長を促してくれるという、 花起しの雨が降っています。 この雨が止むと、一気に桜が咲き誇り そうですね。 皆様、 いかがお過ごしですか?

申し訳ございません…

社長と一緒に頭を下げることが、 過去、何度もありました。 それは、 リストラの場面です。 社長:申し訳ないが、    このまま事業を続けることが    できません… 私 :希望退職の条件は、    次の通り… こんな感じです。 正社員がたった4名の会社で、 1名の希望退職を募集したことも ありました。

時代の移り変わりは早い 

家電と言えば、 自動車と並ぶ、日本の花形産業でした。 ソニー、 東芝、 シャープのリストラ… 20年前に予想できたでしょうか? 時代の変化のスピードは 上がっています。 例えばアマゾン(amazon) 売上高は1兆円(2015年) 小売業売上高ランキング8位 5年で2.3倍になりました。

企業数は減少中

   企業数は、2009年から2014年に39万者減少。 2009年 421万者 2014年 382万者※ ※「社」ではなく、 個人事業主もいるので「者」

廃業の理由は…  

倒産は減ったけど、 廃業が増えています。 廃業に占める80歳以上の割合は、 なんと14%です。 中小企業では、 経営者の高齢化が進んでいます。

経営の舵取りが難しい時代に! 

社長は、 ますます難しい仕事になっています。 2代目、3代目の社長は大変です。 それは、 創業者が築いた「儲けの仕組み」が、 だんだんと今の時代のお客様の状況と 合わなくなってくるからです。

変化が求められる! 

私たちの強みを、 時代の変化に合ったものに 調整し続ける必要があります。 場合によっては、 扱う商品を変える必要がある 時代です。

対応できない場合は…

  早めの廃業・業態変換も 視野に置く必要があります。 厳しい時代ですネ…。 廃業のご相談・支援も増えています。 本当に辛い話ではあります。 廃業、リストラにも、 「手順」と「コツ」があります。 ポイントを抑えないと 大変なことになります。 経営再建にも 「手順」と「コツ」があります。 リーマンショックのときに かなりお手伝いをさせて 頂きました。 気がかりな方は 早めにご相談下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です