会社の「強み」を正しく認識していますか?

午前8時 東京に向かう 新幹線 1号車の一番後ろ 三列シートの窓側に座っています。 車窓から、磐田の田園風景が 見える。 緑が濃く。 セブン-イレブンのコーヒー、 セブンカフェがある。 私のお気に入りです。 ところで、 あなたは、セブン-イレブンが もともと、何屋だったかご存知ですか? ・ ・ 今日は、セブン-イレブンの誕生秘話から 「強み」についてお話しします。

セブン-イレブンの誕生秘話

セブン-イレブンは、 1927年にアメリカの テキサス州オーククリフで開業しました。 1927年というと 世界恐慌の2年前。 家庭に電気冷蔵庫が無かった時代です。 当時は、木箱の冷蔵庫に、 大きな四角い氷をおいて、 肉や魚を冷やしていました。 冷蔵庫用角氷は、生活必需品でした。 セブン-イレブンは、そんな時代に 冷蔵庫用角氷を売るお店として スタートしました。 つまり、氷屋さんだったんです。 今、氷屋さんは、 バーやスナックの ウィスキーなどに入れる氷を売る お店としてはありますが・・・。 数は多くありません。

氷がスグ溶けるから

さて、氷は溶けて無くなるもの。 溶けると食品が痛みます。 だから、自然に長い時間、 店を開けておく必要があります。 特に夏の時期は、 週7日・毎日16時間、 店を開けていました。 他のお店が閉まっているときも 開いていたので 『卵や牛乳、パンもあれば便利』との お客様の声をキッカケに 卵、牛乳、パンなども扱うように なりました。 他の店が閉まっても、 開いているという強みを活かして 成功したのがセブン-イレブンです。 「強み」を活かすって大切ですよね。 でも・・・ なかなか、「強み」って見つかりません。 セブン-イレブンもお客様から 言われたことをキッカケに、 成功しました。 もしかしたら、 お客様の 『こんなサービスがほしいな~』 『今、これが不便だよな~』 の声から新しい「強み」のヒントが 見つかるかも知れません。 あなたにとっては? ・ ・ もうすぐ、静岡です。 今日も、素敵な1日でありますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です