今年度の助成金のキーワードは「生産性UP」!

近所のプールから、 にぎやかな歓声が聞こえています。 皆様も、 どうぞ夏を満喫なさってください。 では昨日に続き、 「働き方改革」のお話しです。

「働き方改革」の背景

政府が「働き方改革」に力を入れているのは、 単なる残業削減のためだけではありません。 ・人口減少 → 超人手不足 ・高齢化  → 医療・介護の人手急増 ・社会保障費の増大 ・人件費上昇(最賃UP) ・アジアの台頭 ・アメリカの成長 → 国際的な競争力低下 ・IT、AI → アイ・オー・ティ ・第4次産業革命 背景を理解しているのと いないのとでは、 取り組む姿勢が全く違ってきます。

10年で30%の生産性アップを!

最低賃金と社会保障費の上昇分だけでも 毎年3~4%の生産性を上げる必要があります。 「働き方改革」で、政府は 毎年最賃を3%上げると計画しています。 それに社会保障費が加算されます。 2030年には、 現状10人の仕事を約8.3人でこなし、 更に医療・福祉に携わる人を 配置する必要があるので… やはり、10年で 30%位の生産性アップは必須です。

助成金にも生産性アップの要件が

「生産性要件」とは、 次の生産性(値)が伸びているか、 ということです。 生産性=  (営業利益+人件費+減価償却費    +動産・不動産賃借料+租税公課)   ÷ 雇用保険被保険者数 助成金上の「生産性」とは、 雇用保険被保険者一人当たりの粗利益額 です。

生産性の計算方法

助成金支給申請の直近の会計年度が、 その3年前に比べて、 「原則6%以上」もしくは、 「銀行から『成長性あり』と  評価がある」場合には1%以上 伸びていることです。

生産性をアップするには?

やはり、 粗利を稼ぐことが大切です。 では、 粗利を稼ぐにはどうすれば良いでしょうか?

粗利をアップするには?

戦略MQ会計を理解するのが早道です。 M 粗利単価(マージン) Q 数量(クォンティティー) 粗利をMQで表します。 戦略MQ会計は、 戦略的にMQを増やして、 楽~に儲けるための手法です。 特に、 単品ごとに利益を把握し、 粗利の総額を最大化する 値決めの重要性が分かります。

マネジメントゲーム

繰り返しマネジメントゲーム(MG)を行う 会社は、ABC分析による単品ごとの 粗利総額管理と損益分岐点を計算できる様に なります。 ただし、1回や2回参加しただけでは、 理解できないかもしれません。 これは、 伝説の経営コンサルタントの 一倉定先生の考えをヒントに 西順一郎先生が考案しました。 しかも、 ゲームで体験できます。 具体的に、 その対策を経営計画に活かすなど、 体験を繰り返すことで、 社員の考え方が揃ってきます。

ソフトバンクでも

起業直前にソフトバンクの孫正義社長は、 繰り返しMGを行い、 プライスゼロを行った神話が残っています。 ちなみに、ソフトバンクでは、 5期×20回=100期MGをこなさないと 幹部にはなれないとのことです。

成否の分かれ目は

みんなが「働き方改革」に コミットメントするかどうかです。 生産性を上げるために 最初の一歩を踏み出しましょう。 私たちは、きっとできます!

ロームMG マネジメントゲームのご案内

【日  時】9月11日(月) 9:00~17:30       9月12日(火) 9:00~17:00 【講  師】三浦宏樹 (ニッチ市場を創り、  独占販売する天才肌のマーケター) 【会  場】ロームセミナールーム       浜松市南区三島町1605-1 【会  費】20,000円(顧問先)       25,000円 【定  員】 18/24名(残席6名) 【申込方法】添付ファイルをFAXで 毎回満席の人気のセミナー! 申込書を印刷して、 FAXにてお申し込み下さい。 マネジメントゲーム申込書はこちらをクリック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です