一歩先行く労務を考えよう!

散歩をしていると、 ラジオ体操をしているこどもを 見かけるようになりました。 もう夏休みですね。 今日は、 今から5年前の労務ニュース (H24年11月号)をお送りします。

『少子化』と『ゆとり教育』

「就職氷河期の再来」と言われ、 全体的には買手市場ですが、 優秀な若手の採用については話が別です。

若者は…減っている

18歳人口…20年間で約40%減少。 205万人(H4年)→ 119万人(H24年) ゆとり教育対象者…平成22年大学卒業者から 大学全入時代…入学志願者が定員を下回る。        私学の4割が定員割れ。 若者人口が減っており、 その分(もしかしてそれ以上に)、 優秀な若者が減っています。 団塊の世代の定年退職に伴い、 大企業は一定数の新卒採用を続けるため、 優秀な若手の争奪戦が激しくなることが 予想されます。

手取り、足取り教育する覚悟を!

基礎学力の低下により、 講義を理解できない学生が増え、 中学校、高校の内容を再教育する大学も 増えています。 インターネット、携帯電話が普及し、 面と向かった直接のコミュニケーションや 人間関係の構築が うまくできない若者が増えています。 また、活字離れも深刻です。 本からノウハウや知識を身につけ、 自分のモノにする能力が落ちています。

エ~ッ、こんなことまで!

このような状況の中で、 「こんなことまで会社で教えるのか?」 という内容まで社内教育する覚悟が必要 になりつつあります。 ・読み書き ・計算 ・一般教養 ・コミュニケーションのとり方 ・人間関係の構築 ・自分で考える姿勢 ・言われる前に行動する姿勢

女性、中高年のさらなる活用も

大企業、中堅企業と同じ土俵で戦う 新卒の争奪戦は、 中小、零細企業には不利です。 競争が比較的厳しくない女性、中高年の採用 を検討するのも有効な戦略の一つだと思います。 (労務ニュース H24年11月号)

H24年 0.8倍→ H29年 1.49倍

この当時(H24年)の有効求人倍率は、 0.8倍です。 今は、1.49倍(5月)です。 しかし、正社員だけをみると… 実は、097倍です。 もちろん、過去最高なのですが…。 「正社員」の求人は不足しています。 そのため、 「正社員」には魅力があります。

実は、

ここ数年の人手不足は、 女性や高齢者などのパートさんが 主に補ってきました。 H24年からH28年にかけて パートは、11.0%増に対し、 正社員は、 0.7%増です。   by 総務省 労働力調査 特に、中高年世代には効果的です。

ロームの願い

ロームは、 時代を一歩先取りした情報で 皆様の お役に立ちたいと願っています。

お奨め助成金 簡単3点パック

メンター制度     10万円 リーダーシップ研修  10万円 歯周病健診      10万円 定着率の改善     +57万円 生産性アップ     +15万円 最高 102万円 定着率を改善しながら、     資金繰りも改善! お申込みがまだの方は、 添付の申込書を印刷して FAXでお申込み下さい! 簡単申込み 助成金案内・申込書はこちらをクリック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です