100万円の経常利益を…

先日、手取り100万円の助成金 を提案したら、 3000万円の売上げ分かと、 即答した社長様には、 ビックリしました。 100万円の経常利益を上がるために、 いくら売上げが必要ですか?

平成27年 中小企業 実態調査速報 by 中小企業庁

売上高    493兆円 経常利益    18兆7163億円 経常利益率   3.15% 平均的な中小企業では、 100万円の経常利益を生み出すために 3174万円の売上が必要です。

安易に値引きすると

 売上げを単純に求めると すぐに赤字になります。 売価  原価   粗利益 100円-50円 = 50円 100個販売 50円×100個=50,000円 給料、家賃等の固定費※49,685円 50,000円-49,685円=315円 ※中小企業の経常利益率 3.15%から逆算した固定費

 10%の売上増による残業

49,685円の固定費の約50%は人件費 49,685円×50%=24,842円 10%の売上増による残業手当 24,842円×10%×1.25=3,105円 残業増の影響を考えると… 49685円+3105=52,790円 給料、家賃等の固定費 52,790円 44,000円-52,790円= ▲8,790円 なんだ~8,790円か? この会社の年商は50,000円ですよ。 年商5千万 → 879万円の赤字 年商5億円 → 8790万円の赤字

実際の値下げの戦略は…

実際に営業が値引きで 大きな仕事を取ってきた場合 には、人手不足によるミスが 追い打ち掛けます。 ・改修 ・クレーム処理 ・回収費用 安易に値下げをして 受注すると大変です。 10/19の営業セミナーでは、 電卓を叩いて、 値引きの恐ろしさを 体感してもらいました。

NO2の離職による経営危機

3年前にNO2の社労士が離職し、 ロームはピンチを迎えました。 ピンチをチャンスに変える ことができたのは、 マネジメントゲームのお陰です。

第8回マネジメントゲーム 残席4名 18/24

私どもの社内研修へのお誘いです。 参加者の半分はロームの社員。 2日間も掛けて、 ゲームをするのかと不思議 に思われるかもしれません。 研修効果を実感! だから、8回も行っています。 一人一人が資本金300万円をもって 工場の社長になり、 ライバルと熾烈な競争するゲームです。 高利貸しに手を出し、 場合によっては倒産します。 社員の2割が、 経営目標を持ち、 粗利をもっと稼ごう、 固定費を減らそうと 自主的に行動できたら、いかがですか? 社員の半分が、単価アップを意識し、 お客様のお役に立つ提案を 行える様になった、いかがですか? 経営者の苦労のわかる従業員が増えたら、 会社は、変わり始めると思いませんか?

期待できるメリット

●決算書、会計の仕組みが  理解できる様になり、  利益を生み出すポイントが 理解できる様になります。 ●利益と時間からの逆算し、   行動計画を立てる大切さ  がわかります。 ●意思決定のスピードが、  利益アップに通じること  理解できます。 ●社長になって、  チャンスやリスクに対して  意思決定を繰り返す経験を  学ぶことができます。

次々と独占市場を作る出すマーケター

  今回の講師は、三浦宏樹先生です。 三浦先生は、超音波で有名な、 本多電子のサラリーマンです。 三浦先生は、超音波カッター・ 超音波霧化器などニッチ市場を 更にセグメントし、 超ニッチな市場を次々に作り出し、 独占販売を実現しています。 最近は、つて無しで、 フランスを初めて、 ヨーロッパに販路を 拡げています。 ちょっとした会話から、 マーケティングのヒントが見つかる と思います。 私自身も、2度コンサルを受けました。 【日 時】 日時 10月29日(土)、30日(日) 費用 25,000円(顧問先 20,000円) 場所 ロームセミナールーム    (浜松市南区三島町1605-1) https://ssl.roum.net/FormMail/semina1/FormMail1609.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です