経営をリアルに体験! 『マネジメントゲーム』

ロームの牧野です。 軽暑のみぎり、 いかがお過ごしでしょうか。 今日は、マネジメントゲーム(MG)の お話しです。

『社長の思い』が・・・

中小企業では『社長の思い』が そのまま「会社」になります。 つまり、社長が思っている「経営」の イメージが会社を形作ります。 では、社長が 「経営とは何か」を従業員に伝える場合、 どのように説明したら良いでしょうか? 「会社経営の話」を従業員に話しても、 なかなか解ってくれません。

MGに参加すると・・・

社長と従業員がMGに参加すると、 社長と従業員に MGのイメージが共有されます。

MGの会社盤で表現できる・・・

また、 うちの会社は MGの会社盤だとこんな感じか? うん、セールスは1名で 赤チップ(広告)なしか・・・ 青チップ(研究)が弱くて、 差別化されていない・・・ など表現ができます。

MGの盤面で経営を表現できる・・・

また、 社長は、自社の経営状況を、 MGの盤面を使って 説明することができます。 すると、 従業員にも、共通のイメージがあるので、 ●お金がないと材料は買えない。 ●   〃  給料は払えない。 ●教育しないと、儲からない。 ●広告しないと、売れない。 「利益がなければ会社は  成り立たない」ということを体感できます。 売らなければ利益は出ない。 しかし、値引きばかりすると儲からない。 なるほど! 「利益を増やす」とは こういうことだったのか! アッそうか! 安易に値引きをすると、 赤字になるのか! こんな感じで 会社の経営が共有できると、 従業員が変わります。 しかし・・・

先生に頼るのは・・・

A社長:ちょっと・・・ 牧野先生に また頼るのは申し訳ないので 自分で他の先生を手配しました・・・。 私  :申し訳ございません・・・。 B社長: いつも、MGは満席なので・・・ 私  :申し訳ございません・・・。 『マネジメントゲームに参加したい!』 という希望にお答えできず、 申し訳なく思っています。 本家本元、西研究所で 東京や名古屋で 定期開催されています。 良かったら、ご参加下さい。 株式会社西研究所ホームページ http://www.nishiken.jp/

こんなにキツイと思わなかった・・・

一方・・・ MGに参加されて、 「難しい・・・」 「こんなに頭を使うなんて」 「キツイ・・・」  という声も頂いています。 正直、私も、ハジメは こんなの2度とやるか! と思っていました。 初回は 疲れ切って、グッタリ・・・。 効果も実感できませんでした。 しかし、 特に社長が繰り返し参加されて、 意思決定のスピードが速くなると・・・ すごいことがおきますよ。 kabu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です