確定拠出年金 法改正2

年甲斐もなく 1日数回、ピコ太郎の PPAPを再生してしまいます。

確定拠出年金 (おさらい)

確定拠出年金= 拠出額つまり、掛金が確定し、 将来の給付額は約束されていない 年金のこと。 加入者自身が資産を運用するため、 リスクとリターンに責任を持ちます。

確定拠出年金の法改正

個人型の加入対象は、 自営業者や企業年金がない会社の社員 だったが、平成29年1月から 実質的に全ての現役世代に拡がります。

加入できる人 と 掛金上限

自営・自由業者など  月68,000円(年816,000円) 企業型DCのない会社員 月23,000円(年276,000円) 企業型DC、企業年金等に 加入している会社員  月20,000円(年240000円) 公務員  月12,000円(年144,000円) 専業主婦など  月23,000円(276,000円)

確定拠出年金の3つメリット

(1)掛金全額が課税対象の所得から   控除されること。 所得税、住民税の節税効果大 (2)運用益が非課税 ※通常は20.31%課税 (3)受け取り時は、   雑所得(公的年金等)でお得

注意点

(1)運用責任は加入者自身にあること リスクあります。 (2)原則60歳まで引き出せないこと。   ※これもリスクです。 (3)手数料がかかること ・口座開設手数料(初回のみ)   (約3000~6000円) ・口座管理手数料(毎年)   (年6,000~7000円)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です