生産性向上のために!H29新たな助成金

良い会社をつくりましょう。 労働条件の良い会社をめざしましょう。 人手不足が深刻になる中、 人が集まり、 定着する会社を作るには、 『人材育成』が大切です。

人材不足の解消のために!

人材不足の解消を目的に 『人事評価制度』と『賃金制度』を整備し、 ・生産性の向上 ・2%以上の賃金アップ ・離職率の低下  を図る事業主に、 最大130万円が助成されます。

手続き

 ・ 計画の作成・提出      ↓  ・ 人事評価制度の整備(就業規則整備)      ↓  ・ 新制度での賃金の支払い      ↓ 2ヶ月以内  ・ 制度整備(50万円)      ↓ 14ヶ月以内  ・ 目標達成(80万円)

制度整備のポイント(50万円)

(1)評価基準が明確 で 従業員に開示 (2)評価は年1回以上であること (3)労働者に   ・前記(1)の評価基準と   ・前記(2)の年1回以上の評価制度     であることを開示していること (4)賃金表を定めていること (5)評価に基づく評定と、    賃金(賞与を含む)の額と    変動の幅・割合との関係が    明確であること。 (6) 賃金※の額が2%以上増加する見込み。 (7)次の2つを従業員の過半数代表等と    合意していること  ・人事制度と賃金制度  ・賃金の総額を2%以上引き上げること ※毎月決まって支払われる賃金

目標達成のポイント(80万円)

  (1) 助成金申請等を行う    直近の会計年度の生産性が    その3年前に比べて6%向上していること。 (2) 離職率     1~300人 現状維持    301以上  1ポイント低下

助成金を上手く活用して!

良い会社をつくりましょう。 労働条件の良い会社をめざしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です