残業代トラブルを防止するポイントとは!?

来年用の手帳が並ぶようになりましたね。 ロームも、来年用を発注しました。 あなたは、 どのような手帳を使っていますか?

約束で…

社 長:基本給は○○○円で     営業手当は50,000円です。     コレは、残業40時間分として     支払います。     この条件で良いですか? 従業員:はい!     営業は、時間ではなく     成果で給与が決まると     思っています。 従業員を採用するとき 忙しかったので、 つい… 雇用契約書を作成しなかった。

2年後に…残業代の要求が

2年後、 この従業員が退職することになったが、 その際に… 従業員:過去2年分の残業代を払って下さい。 社 長:エッ?     採用のときに、     営業手当は、     残業代だと話して     了解したじゃないか? 従業員:そんな説明は聴いていない。     キチンと残業代を払って下さい。

どちらが、勝つの?

裁判をすると… 従業員が勝つ可能性が高いのです。 固定残業手当は、 雇用契約書等に、 残業時間○時間分などと 明示していないと無効になります。 口頭では、全く認められません。 更に、認められるには、 他のポイントもがあります。 雇用契約書がある、無い? そして、 固定残業時間の時間数などの 重要ポイントを きちんと抑えているかどうかが大切です。 【明日に続く】

元気で明るい職場づくりのお手伝い

入退社の社会保険、労働保険の手続き、 採用・解雇・残業、パワハラ、セクハラ などの労務トラブル防止を継続的に サポートします。 私たちは、元気で明るい職場づくりを 労務顧問で、継続的にサポートします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です