助成金・給与計算・業績アップサポートなら、浜松市の社会保険労務士法人ローム

助成金・給与計算・業績アップサポートなら、浜松市の社会保険労務士法人ローム
お問い合わせ
トップ > 時代を先読みし、今できることは?!

時代を先読みし、今できることは?!

2018年02月09日

まだしばらく寒さがゆるみそうにありませんが、
きっと、あと少しの辛抱のはずです。

皆様、
お変わりありませんか?

事務が苦手な社労士です…。

  

私は正直、
給与計算とか、
入退社手続きは苦手です。

手書きの書類の作成は、大の苦手です。

ですから、
書類を作成するために、
顧問先ゼロでもスタッフを雇っていました。

見積書の社長の氏名を間違えて  

25年前、
社長に提出する見積書で
社長の名前を間違えて
提出したことがあります。

結果、
『社長の名前を間違うなんて
給与計算を任せられない』
という理由で…

その会社とは、
ご契約に至りませんでした。

・サービス残業
・厚生年金基金の脱退
・適格退職年金

などの課題を抱えておられました。

私が、名前を入力しなければ、
きっとお付き合いができ、
数千万円~1億円のコスト削減が
出来ていたと思います。

お役に立てずに、
申し訳なかったと思っています。

先見性・人材育成・仕組み化  

事務ができない社労士の「私」の強みは、

・先見性
・人材育成
・仕組み化

です。

先見性

  

社労士にとって、
「先見性」は、
重要な資質です。

時代を先読みし、
「法改正の方向性」や
「未来の労働市場」を
予測する力です。

今から20年前、
厚生年金基金は、ペナルティなしで
脱退できました。

プロとして、制度の仕組みを理解し、
金利5.5%が将来も維持できるかを
判断すれば、わかることでした。

最終的には、
国が負担をかぶり、処理しましたが、
積立不足分は、通常の厚生年金保険料より
高い特別保険料として負担していました。

8年前には、
団塊の世代の大量離職と
ゆとり世代の人口から人手不足を
予言して、
正社員化と女性活用をお勧めさせて
いただきました。

今回の法改正セミナーは? 

 

かなり重要な情報です。

【日時】
 4月6日(金)  4月13日(金)
 4月20日(金) 4月27日(金)
 ①14:00~16:00 
 ②18:00~20:00
 ※内容はいずれも同じ

【定員】
 ①12名 
 ②20名

【場所】
 ロームセミナールーム
 (浜松市南区三島町1605-1)

【講師】
 社会保険労務士 牧野 剛

【受講料】
 20,000円(顧問先無料)

添付ファイルを印刷して
053-444-4601まで
FAXでお申込み下さい!
『法改正セミナー』申込書はこちらをクリック!


専門家による無料相談実施中
Copyright © 社会保険労務士法人ローム All Rights Reserved.
ページTOP