幻の蟹 と 営業セミナー

みなさんは、浜松の幻といわれる蟹をご存じですか? 「どうまん蟹」です。 秋~冬にかけて、赤い卵を蓄えたメスが絶品~ 漁獲量が極めて少なく、 築地市場でも、高値で取引されているそうです。 街中では、手が出しにくいお値段。 リーズナブルな地元で予約し、待つこと1年。 味はかなり濃厚! 独特な磯の香り と  甘い香り を 堪能しました ♪

希少価値 が 利益の源泉?

どうまん蟹を調べてみると… マーケティングの勉強になります。 価格は、希少性が高いほど上がります。     → 幻といわれる蟹    → 漁獲量が極めて少ない

お買い得感の演出

浜松の有名店では、 相場より高く「どうまん蟹」を 販売するために、 「築地市場では、高値で取引き~」と、 お得感を演出し、 地元のお店では、 「街中の有名店と比べて、リーズナブルですよ」と お買い得感を演出します。 私も、まんまと演出に乗せられました(笑)

湯気が立ちせ! 大きな爪はその場で割る!

みなさんは、さわやかのハンバーグは お好きですか? さわやかは、鉄板の上で、 ハンバーグを「ジュー」と焼き直し、 湯気と肉の焼ける「におい」を演出します。 鰻屋は、煙と香りで、客を引き寄せ! 「どうまん蟹」は、蒸し上がった湯気を見せ、 大きな爪は音を立てて割ります。 甲羅を外し、赤い卵で食欲を刺激します。 実は、「生の蟹」を売っているのではなく、 「湯気」、「香り」、「赤い卵」を売って いるです!

ステーキを売るな シズルを売れ!

「ステーキを売るな シズルを売れ!」は、 1937年にアメリカで発売されたセールスの古典です。 1937年は、日中戦争の発端になった蘆溝橋事件の年。 レストランで、赤い生のステーキ肉を売るな! ジュージューと焼ける音=「シズル」を演出 して売れ! 「シズル」とは、お客様が買いた くなる、主要な理由を五感で刺激 しようということです。

高気密住宅の例(架空のトーク)

【 家を売るトーク 】    この家は、重量鉄骨構造で、遮音性と機密に優れ~    屋根は▲▲で~に強く!    壁は、吸音効果が高い断絶材ECOボード    を標準装備しています。 【 静かさ を売るトーク 】    営業… ここのソファーにお座り下さい。(沈黙)        外の音が気になりますか?    見学者…気になりませんね。    営業… まるで森の中にいるような        静けさだと言って頂けます。    見学者…なるほど、確かに    営業… 実は、機密性の高い構造と吸音材を        使っているんです。

挨拶と質問によるお気楽営業術

日時 10月19日(水) 13時30分~16時30分 内容 効果が上がるトーク & ポスティング 定員 10/12名 残席2名 講師 牧野 剛 費用 10,000円 (顧問先無料) 場所 ロームセミナールーム    (浜松市南区三島町1605-1) ※助成金(50万円)活用の場合は、  あくまで質問等で、自主的に休暇を取得して下さい。

セミナーで期待できるメリット

●お客様の 「ベネフィット」 が把握でき、商品、           サービス力の向上につながる。   → 本当に望むものを 考える機会になります!   → 自社の強みを     〃 ●DM、チラシ、ホームページのリサーチができる。   →営業・広告は、リサーチから始まることが理解できる ●ハードルが高い、初回訪問が、比較的、気楽にできる。 ●資料を渡して、すぐに帰るので           セールストークが覚えやすい! ●次訪、三訪がしやすい → 訪問件数が増える! お申し込みは、FAXで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です