在留外国人 と 技能実習生の法改正!

いよいよ12月 今年も残りわずかとなりましたが、 いかがお過ごしでしょうか。 「外国人の技能実習の適正化に関する法律」と 「改正出入国管理・難民認定法」が11/18に 可決・成立しました。

主なポイント

・実習生受入期間 3年→5年 ・「介護」も実習生の受入可能に ・受入団体と企業への指導監督の強化   違法な長時間労働   パスポート取り上げなど

H27年の技能実習生の監督・指導

監督指導を実施した5,173の実習実施機関のうち 3,695(71.4%)で、違反が認められました。 【主な違反内容】 ・違法な時間外労働など(22.6%) ・安全措置が講じられていない機械など(20.8%) ・賃金不払残業など(15.0%)  重大・悪質な違反による送検 46件。

ほんの一握りの外国人

日本在留外国人は約210万人です。 中国人、韓国人などアジアが8割近くと最も多くなっています。 在留外国人の割合は、約1.7%で 世界195ヶ国中151位と 先進国としては、信じられない低水準です。 (2014年6月末 法務省)

技能実習生の割合は?

永住者・定住者・日本人の配偶者等…136万人。 国際業務・経営・企業内転勤…20万人。 留学…20万人。 技能実習・研修…16万人 少子高齢化で深刻な人手不足の中、 意外と少ないのが実態です。

人手不足の解消の有効な手段として!

 受入期間が5年に延長されたことにより 「技能実習生制度」の活用が増えることが 予想されます。  きちんと法律を守った活用が求められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です