会社の強みを明確に解りやすく表現するには?

雨とともに、秋冷が日増しに加わります。 そんな日は鍋物が食べたくなります。 あなたは、いかがですか?

ドミノピザの売り

ドミノピザの売りは、 『熱々のピザを自宅でスグに食べられる』 です! そして今は、 『取りに行けばもう一枚もらえる』 です!

私たちの「売り」は?

ドミノピザを食べながら 私たち、 「ロームの売りは何だろう」って 考えました。 う〜ん… ・全国、有数の助成金の獲得率かな〜 ・年間、数十回、実施している無料セミナーか? ・人を育てることができることか? ・振り込みまで代行している給与計算か? ・相談事の幅広い解決力かなぁ 確かに、「強み」なんだけど… 『取りに来れば、もう一枚!』 ドミノピザの様に ハッキリした「売り」には程遠い。 それにしても ドミノピザの「売り」は強力ですねー。 解りやすい! ところで、 あなたの会社の「売り」は? ・ ・ ・

「売り」があると…

強みを「売り」にしたい。 お客様に 自社の強みを明確に解るよう表現できると すごく有利です。 強みを お客様に明確に伝わる型にしたものが 「USP(ユニーク・セリング・プロポジション)」 です。

USPとは?

U…ユニーク  →  他社と違う S…セリング  →  売れる P…プロポジション→ メリットの提案 他社と違う 独特の売れる メリットの提案 という意味です。 ココで大切なのが、 「売れる」ということ… ニュアンスは、 「売れてしまう」って 感じですねー。 お客様が、 「思わず欲しがる」 メリットの提案というです。 じゃあ、 提案の仕方に、 コツがあるのでは…?

有名なドミノピザは?

ドミノピザの強みは、 「熱々のピザがスグに食べられる」です! しかし… なんか、響きませんよね〜 ドミノピザの提案は、 熱々 のピザを30分以内にお届けします。 間に合わなければ、代金は頂きません。 そして、 取りに行けば、「もう一枚」もらえるです。 お客様が得られるメリットが明確なんです。 何と言っても、 「間に合わなければ、代金は頂きません。」 だから… お客様は 『スグに熱々のピザが食べらるんだろうな…』 って想像できます。 受けられるメリットの提案が明確だからです。 ちなみに… ロームが たった1回で 20社以上のお問い合わせを頂いたときの チラシの内容は… 実は、ドミノピザのパクリなんです。 【明日に続く】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です