助成金・給与計算・業績アップサポートなら、浜松市の社会保険労務士法人ローム

助成金・給与計算・業績アップサポートなら、浜松市の社会保険労務士法人ローム
お問い合わせ
トップ > 今どきの『志望動機No.1』とは!?

今どきの『志望動機No.1』とは!?

2017年07月07日

今日は小暑。
いよいよ暑さが本格的になってきますね。

暑さ対策は万全ですか?

さて、それでは
昨日のお話の続きです。

人の役に立ちたい!

人間は、集団生活する生き物です。

私たちの遺伝子の中には、
「人の役に立ちたい」という思いが
組み込まれています。

入社志望動機 NO1

「人の役に立ちたい」は
志望動機のナンバー1!

ほとんどの人が
履歴書に
・「人の役に立ちたい」
・「社会に貢献したい」
と書きます。

そして、
本当にそう思っています。

だから、
役に立っていることを伝えたり、
実感できる仕組みが大切です。

実感しやすい仕事、しづらい仕事?

医療、看護など
直接、お客様に「ありがとう」と
言われる仕事は、
「役に立っている」と実感できます。

しかし、
製造業などでは、
お客様から「ありがとう」と
言われる機会も少なく、
役に立っていると実感しづらいです。

事務も、お客様から
感謝される機会が少ない仕事のひとつです。

営業も販売も
「売っている」という思いを持っていると、
「お役に立っている」とは実感しづらいです。

実感しやすい仕事、しづらい仕事?

昔は、
仕事は、
身近な人に役立っていることが
実感しやすいものでした。

しかし、
社会、仕事が複雑になり、
製品がどの様に使われているか
見えにくくなっています。

だから、
「役立っている」と
実感しづらくなっているのです。

仕事の意味を繰り返し伝える

経営者は、

従業員に対して
どんなお客様の
どの様な場面で
お役に立っているのかを
繰り返し伝えることが大切です。

つまり、会社の存在意義です。

存在意義を
 繰り返し伝えましょう。

そして、
見えないお客様に成り代わって
従業員に「ありがとう」と
伝えることが大切です。

お客様の声も

営業や販売は、
『お客様の声』を集めましょう。

そして、
常日頃お客様と接していない
工場、配送、事務、取引先と
『お客様の声』を共有しましょう。

『お客様の声』は従業員を勇気づけます。

とても、パワフルです。

先ほども述べたように、
わたしたちは、
人の役に立つことが大好きです。

志望の動機NO1も
 「役に立ちたい」なのです。

しかし、入社してから、
どう社会に役立っているかを
伝えないと…

いつの間にか
やらされている感が増え、
不満を感じるようになります。

あなたは、
そんな経験はありませんか?


専門家による無料相談実施中
Copyright © 社会保険労務士法人ローム All Rights Reserved.
ページTOP