一流になる人の行動パターンとは!?

ハロウィンの飾り付けが 目立つ季節になりました。 日本にもすっかり 定着したように感じます。

ラッキー!

チョット疲れたなぁ… 「足ツボ」と「もみほぐし」を受けたくて 予約の電話をしたところ、 何と! 静岡県でダントツ1位の セラピストが空いていました。 ラッキー ^_^! 今日はツイてる! と思って スグに指名しました。 コレで、ぐっすり眠れる。 もみほぐしの楽しみの一つは、 リラックスして、 気持ち良く寝ること…♪

ついスイッチが…

私、人の行動を分析するクセがあります。 特に自分がサービスを受けているとき、 その分析グセのスイッチが入ります。 しかも、それは 『一流の人』からサービスを 受けているときなんです。 困ったものです。

一流の行動パターンが引き金に

私が人事評価を作るときは、 その会社の「強み」を 人事評価シートに落とし込み、 業績向上につながる工夫をしています。 そのため、 優れた営業社員や お客様から評判の良いスタッフと面談し、 行動パターンをヒアリングさせて頂きます。 だから、 一流のサービスを受けたときや、 スゴイ営業マンから営業を受けたりすると、 スイッチが入りやすくなります。 しかし…

恥ずかしいクセ

私 …なるほど! セラピスト …「なるほど」って? 私   …足を拭くときから、        チョイチョイ、        もみをいれてきますよね。 セラピスト …だって、        時間がもったいないジャン! 私 …それってスゴイですね。 セラピスト …普通だと思ってました。 こんな感じで、 ドンドン感想を言って質問し始めます。 すると、 ナンバーワンと他の方の 行動パターンの違いが 浮かび上がってきます。 このインタビューをすると、 一流のサービスが どういう行動と どんな考え方で生まれてくるのかが わかります。

元ネタはTWIから

元ネタは TWI研修 = ティーダブルアイ研修 Training Within Industry 訓練  内  工場 for Supervisors  監督者の方々のため つまり、 監督者の方々のための企業内訓練です。 60年以上前に開発され、 トヨタ、スズキなど 名のある企業が今も使っている 監督者のための訓練です。 その「作業分解」が元ネタです。 スキルマップにも応用されています。 明日は、『コンピテンシー』について お話します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です