『雇用契約書』と『労働条件通知書』の違いとは?

昨日久しぶりに晴れたと思ったら、 週末はまた天気が崩れるようです。 皆様、 体調を崩されないようにお気を付け下さい。

『雇用契約書』と『労働条件通知書』の違い

ところで あなたは、 『雇用契約書』と『労働条件通知書』の違いを ご存じですか? 記入されている内容は、ほぼ同じ! 『雇用契約書』か『労働条件通知書』の どちらか一方だけを作成すれば、 労働基準法上などはOKです。 しかし、 何が違うのかというと… ●『雇用契約書』には、   労使双方が署名押印がある ●『労働条件通知書』には、   会社の押印だけがある

サインが無いから…

『労働条件通知書』には、 従業員の署名又は押印がありません。 なので、労働条件通知書を作って 渡す方が楽です。 しかし、後から 「言った」「言わない」の 争いが起きる心配があります。 将来! 万一トラブルが発生した場合は… 労働条件通知書では、 「通知書なんか、もらっていません」と 否認をされてしまう心配があります。

きちんと、サインをしてもらうと!

社 長:この条件で、働いてもらいます。     ココに、名前を書いて!     ミトメをお願いします。 応募者:ハイ こんな感じで、 雇用契約書を取り交わしましょう。 きちんと、雇用契約書を作っておけば、 言った、言わないの心配がグッと減ります。 万一のトラブルのときも、 「ココにサインして  押印しているじゃないですか」 と堂々と主張できます。 【来週に続く】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です