『懲戒解雇』労使トラブルを防ぐには

金曜日の夕方、6時 スタッフも帰り、 電話もほとんど無くなった時間。 突然、電話が鳴りました。 部長:先生、こんばんは。 私 :こんばんは。 部長:実は、辞めてもらいたい    パートがいるんです。    無断欠勤も1日して    おまけに体調が悪いからといって    連絡もせずに、遅刻を繰り返すんです。 私 :それは大変ですね。    どんな感じですか? 部長:実は、他の従業員からも    こんなに休んだり、シフトに穴をあける    パートさんと働けないって    相談がきています。 私 :なるほど。    指導はされているんですか? 部長:何回も店長は注意をしています。    しかし、本人は全然言うことを    聞かないんです。    シフトに穴をあけることについて、    働く仲間に対してどう思うか?とか    質問はしているんですが・・・。 私 :それは大変ですね。    その方は最近入ったんですか? 部長:そうです。 私 :ひどいですね。    始末書はとりましたか? 部長:いいえ。    実は書かないんです。 私 :そうですか。    それなら○○とした方法が良いですよ。 部長:なるほど。    事前に相談して良かったです。

待望の新入社員、しかし…

今から約40年前の 1978年5月1日 名古屋の小さな会社に A君(32歳)が入社しました。 人手不足の時にやっと社員が採用できた。 社長も部長も 「これでやっと営業マンができた」 と喜びました。 しかし、次の日の朝、 A君が来ません。 家に電話してみると寝坊したようです。 1時間遅れてA君が現れました。 部長:明日から、キチッと9時前に     出社するように。良いね? A君:申し訳ございませんでした。    注意します。 それからA君は 2週間は9時前に出社しましたが、 5月20日は遅刻しました。 もちろん、 部長は厳しく叱りました。 しかし、 その次の日も遅刻しました。 部長:始末書を書いて、明日までに    提出しなさい。 A君:、、、、 厳しく指導しましたが、 結局A君は始末書を書きませんでした。

180回の無断遅刻

そのA君は、入社後1年5ヵ月の間に 180回も無断遅刻を繰り返しました。 仮に週休2日制として勤務日数は 20日×17ヵ月=340日 340日の勤務日数のうち、 180日も無断遅刻・・・。 つまり、 2日に1回は無断欠勤している状態でした。

怒り心頭、ついに懲戒解雇に

社長:明日から来なくて良い。    懲戒解雇にする! この会社では1年5ヶ月後に 懲戒解雇しました。 社長も部長も 1年で180回も遅刻する社員は 当然に解雇できると思っていました。 しかし、、、 【明日に続く】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です