『儲かる』企業と『儲からない』企業の違い

今日は、平成26年度の 中小企業・小規模事業者の動向から 儲かる企業の発想を 軽~い感じで、 のぞいてみましょう。

利益がでたとき・・・

利益がでたとき、 儲かっている高収益企業も、 そうでない低収益企業も、 同じ様に ・従業員への配分 ・内部留保 ・設備投資 ・返済 に使おうと考えるのは ほぼ同じです。 しかし、 高収益企業は、 ・株主への配当 ・新商品と新技術の開発 に使う傾向が強いです。 中小企業庁 平成26年度(2014年度)の中小企業・小規模事業者の動向(http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/H27/h27/html/b1_3_1_11.html)

株主の視点

中小企業の社長の多くは、 大株主で かつ、その企業の「筆頭労働者」です。 一番、よく働きます。 ところで、株主の視点から、 あなたの経営を考えると どんな感じですか? ちょっと立場を変えて考えて下さい。 投資に対するリターンは十分ですか? ・ ・ 儲かっている会社の社長は・・・ 株主の視点も持っています。 【明日に続く】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です