【改正】個人情報保護法のポイント3つ

梅雨に備えて 雨傘を買いました。 あなたは、 梅雨対策は万全ですか? さて今日は、 企業が知っておくべき、 【改正】個人情報保護法のポイント についてお話しします。

(1)全ての会社、個人が・・・

これまで、取り扱う個人情報件数が 5000件以下の事業者は 個人情報保護法の対象外でした。 しかし、この制度が廃止となりました。 つまり、個人情報を1件でも扱う 事業者であれば、同法が適用されます。

(2)共通の罰則ができた!

各省バラバラだった、 個人情報の管理が 「個人情報保護委員会」で 一元管理することになりました。 ・国からの命令に違反した場合   →6ヶ月以下の懲役 または    30万円以下の罰金 ・虚偽などの報告をした場合   →30万円以下の罰金 ・従業員等が個人情報を    名簿業者に売った場合   →1年以下の懲役 または    50万円以下の罰金

(3)記録義務が強化

「第三者から個人情報の提供を受ける場合」と 「提供する場合」の いずれも 記録義務と保管義務が発生します。 ・提供年月日 ・提供した相手 記録の保存期間は情報の種類によって 異なりますが、原則として3年です。 【明日に続く】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です