『ユー・メッセージ 』と『アイ・メッセージ』

湿度が高く、 過ごしづらい日が続いていますね。 さて早速ですが、 昨日の続きをお話しします。

昨日のまとめ

「褒める」には、 上下の関係が入り込んでいるので、 アドラー心理学では、 「褒める」のは禁止です。 というのは、 上司は部下を褒めることができますが、 部下は上司を褒めることはできません。 それは、 「褒める」という行為に 上から目線が入っているからです。 それに比べて 「勇気づけ」は、対等な感じです。 例えば、 「勇気づけ」は、 お客様にも、上司にも使えます。

勇気づけとは

「勇気づけ」とは、 難しいことを克服する力を 与えることです。 「勇気づけ」の基本パターンには、 『感謝+前向きな感想』があります。 『ありがとう』等の感謝の言葉に 「嬉しいよ」 「助かったよ」 など 前向きな感想を付ける方法です。

ユー・メッセージで話すと

「勇気づけ」は、 『アイ・メッセージ』で話します。 これは、 「私」を主語にして話すという手法です。 「私が嬉しかったです。」 「私が助かりました。」 「私がガッカリしました」 逆に、「ユー・メッセージ」は 「あなた」を主語にして話す方法です。 たとえば、 ・(あなたは)スゴイね。 ・(あなたは)エライね。 ・(あなたは)ひどいね。 つまり、 あなた=○○ と話す方法です。 「ユー・メッセージ」だと ちょっと決めつけられた様に 感じませんか? でも・・・ 意識しないと ついつい 私は、このユー・メッセージで 話してしまいます。 あなたは、 いかがですか?

アイ・メッセージで話す

自分自身がどう感じるか、 ということを言葉にするのが アイ・メッセージです。 たとえば、 ・私は、あなたと一緒に仕事ができて嬉しい。 ・あなたが頑張ってくれて、  とても助かりました。ありがとう というような言い方です。

指示を質問形式に

相手を尊重するために、 指示を質問の形にするのも効果的です。 「~して!」 → 「~してくれる?」 「~やってください」  →  「~してもらっても良いかな?」 選択の余地があるので、 押しつけられた感じが弱まり、 尊重していることが伝わります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です